三友工業株式会社の業務案内

従来植生が不可能であった法面に吹付けを行い、緑化を実現可能にした工法です。
養分を含んだ緑化基盤材で法面を覆うことにより、植物を生育させて法面の安定と自然化を促進します。
 
吹付機(シーダ―)にて十分に撹拌した種子や肥料を法面にムラなく吹付ける工法です。
吹付後、種子が発芽生育し、法面を緑化します。高所や勾配のある箇所や広範囲の法面にも施工可能です。
 
種子散布工では発芽が困難な法面や、岩砕ズリの箇所に施工します。
一般的に種子散布工よりも高い発芽率が期待できると同時に、 法面の浸食防止にもなります。
 
種子、肥料を仕込んだ植生シートをアンカーピン等で固定し、法面の安定を図ります。
主に盛土法面に使用されています。
 
種子、肥料を仕込んだ植生マットをアンカーピン等で固定し、法面の安定を図ります。
植生シートよりも強固な作りで、しっかりと法面を保護し安定させます。
 
芝を人力で隙間なく張り付け、密着するように施工します。
法面に施工する場合、1:1.5より緩い勾配に適用される事がほとんどです。
面積が狭い箇所に適した工法です。
 
法面の清掃後、金網を張り付け、その上にモルタル・コンクリートを吹付ける工法です。
緑化が不可能な急勾配法面等に施工します。法面表面の風化・崩壊・ 落石防止を目的としています。
 
法面上に格子状のモルタル・コンクリートの構造物を造成し、法面の安定させる工法です。
高所や凹凸面のある法面に対しても施工可能です。また、枠が連続梁である特徴から強い抑止力が期待できます。
 
主に道路を落石等による災害から防止するための工法です。
ワイヤーロープと金網を組み合わせて法面を保護し、落石を予防します。
(覆式ロックネット工)
 
小さめの削孔に高強度の鉄筋を2~7mほど挿入し、これを基盤内に定着させます。
鉄筋の引張り力を利用して地すべりに対抗しようとする工法です。
 
小さめの削孔に特殊な材料を7~50mほど深く挿入し、これを基盤内に定着させます。
鉄筋挿入工よりも強く地すべりに対抗する事が出来ます。
 

工事名 施工時期 所在地 発注者
平成25年度杜道復興防災12-103-A02号大張川張災害防除工事 平成27年6月完成 宮城県伊具郡丸森町 宮城県大河原土木事務所
市道川西東線法面対策工事 平成26年7月完成 宮城県白石市 白石市
平成25年度社防急崩12-001号片平町の1急傾斜地崩壊対策工事 平成26年1月完成 宮城県仙台市青葉区 宮城県仙台土木事務所
平成23年度予第7-003号樋口沢予防治山工事 平成25年2月完成 宮城県仙台市青葉区 宮城県仙台地方振興事務所
平成23年度県急崩04-001号蔵本沢県単急傾斜地崩壊対策工事 平成24年9月完成 宮城県栗原市金成 宮城県北部土木事務所
平成22年度県急崩02001-001号要害の2急傾斜地崩壊対策工事 平成23年3月完成 宮城県宮城郡利府町 宮城県仙台土木事務所
平成20年度県災防01002-001号前川外災害防除工事 平成21年10月完成 宮城県柴田郡川崎町 宮城県大河原土木事務所
平成20年度0県県災防征対05001-001号野尻災害防除工事 平成21年12月完成 宮城県登米市津山町 宮城県東部土木事務所
平成19年度19災25-001号半田山下線災害復旧工事(峠) 平成20年4月完成 宮城県角田市 宮城県大河原土木事務所
平成18年度県急崩05001-A01号清水急傾斜地崩壊対策(その2)工事 平成19年9月完成 宮城県登米市 宮城県登米土木事務所

商 号 三友工業株式会社 創 立 昭和52年6月
代表者 大友英夫 建設業の許可 とび・土工工業事業、土木工事業
国土交通大臣許可(般ー27)
第21342号
資本金 1,000万円
取引銀行 仙台銀行  大河原支店
七十七銀行 大河原支店
所在地 【本社】
TEL.0224-53-1109
FAX.0224-52-5562
〒989-1235
宮城県柴田郡大河原町字南原町2番地3
【いわき営業所】
TEL.0246-22-7123
FAX.0246-84-7273
〒970-8035
福島県いわき市明治団地45番2